防犯カメラ

遠隔画像監視システム

センサーと防犯カメラを連動させたインターネットによる画像伝達で高度な防犯体制を構築
非常ボタン押下時や各種センサーが異常を検知した際、設置された防犯カメラが連動し、管制センターに画像を送信します。管制センターでは、現場の画像を確認し、設置されたスピーカより威嚇・警告をし、それと同時に警備員を急行させます。
瞬時に状況が把握でき、スピーディな対応が可能です。カメラ画像はデータを暗号化して送信するため、第3者からのアクセスを防ぎます。

サービスの概要

非常ボタン押下、または設置したセンサーが異常を検知 監視カメラの画像を管制センターに自動転送。遠隔監視を開始 管制センターより現地のスピーカーで威嚇・警告

導入事例

目黒区洗足 弁天橋自由通路

防犯カメラのその他の活用事例をご紹介します。